建もの燃費ナビ

あなたのお家の「燃費」、気にしたことはありますか?
今のくらしよりもっと快適に、経済的にできるかもしれない、
そんな、お家の健康状態をチェックしてみましょう。

おうちアイコン

お家の燃費って、何?

自動車には「燃費」というものがありますよね。
ガソリンという燃料、1リットルで何キロ走るか、というのが「燃費」という考え方です。
自動車の場合、前に進むために必要なエネルギー、空調するためのエネルギー、電気を作るためのエネルギーなどを一手にガソリンがになっており、すべてガソリンの消費で分かるようになっています。
では、住まいはどうなっているでしょうか?
住まいも、冷暖房をする、お湯をつくる、料理をする、照明をつける・・・等々、たくさんのエネルギーを使います。
しかし、そのエネルギー源は、電気、化石燃料、太陽熱、など、様々な種類があるため、一つにまとめることができません。
そこで、エネルギーの単位をそろえて、お家の「燃費」を測ります。

エコナビイメージ1

お家の「燃費」の計算方法

地域、敷地、方角、隣地の状況などのお住まいの環境から、建物の形状、屋根や壁の仕上がり、間取り、窓の大きさなどの住まいの形、また、ガラスの厚みや壁の中のしくみ、使っている冷暖房機器やお湯の作り方などの生活のしかたまでを考慮して、お家で使われているエネルギーを計算していきます。
それでは、計算結果を見ていきましょう。

部位別熱損失
エコナビイメージ2

どの場所からどれくらい熱が漏れているか、を示しています。
このお家の場合、窓や扉(玄関など)から熱がたくさん漏れているということになります。
熱が漏れるということは??
冬に暖房などで温まった空気がどんどん外に熱を奪われて冷めていきます。
建もののしくみがわかり、敷地の条件がわかると、この住まいがどれだけ保温できるか、などの「性能」がわかります。また数字の大きい部分(このお家の場合は窓)から改修すると「燃費」は良くなっていきます。

年間一次エネルギー消費
エコナビイメージ3

一年の暮らしの中で、どういったものにエネルギーを使っているかの内訳を示しています。
つまり、暮らしに必要なエネルギーの量となります。数字の大きい部分、このお家の場合は暖房について改善すると「燃費」が良くなっていきます。

ランニングコスト
エコナビイメージ4

毎日使うエネルギーを金額にした場合いくらになるか?ということを示しています。
エネルギー源によっては値段も違い、また将来は値上がりする可能性もあるので、あくまでも目安になりますが、現時点での正確な金額の計画ができます。「燃費」と共に必要な「光熱費」がわかります。

燃料別(年間)
エコナビイメージ5

毎月の光熱費がどのように変動するかも一目瞭然にわかります。電気代、ガス代、灯油代など、エネルギー源別の光熱費もわかるようになっています。

燃費計算してみましょう!

いかがでしたでしょうか?皆さまのお家の情報をいくつか入力することで、こういった住まいの「燃費」「光熱費」がわかります。毎月の光熱費を抑えるため、少しでも快適で過ごしやすいお家で健康に豊かに過ごしたい、という方は是非、「燃費計算」をしてみましょう!

燃費計算をお願いする
燃費計算お問い合わせフォーム
理想とする、建ものの性能を、光熱費から逆算することもできます。
光熱費にかけられる予算から、建ものの「燃費」を決めることができます。
エビフィットパスに行く